2021年最新海外 CHARGE JBL ブルートゥーススピーカー JBL 【送料無料】 3 [防水][JBLCHARGE3BLKJN] ブラック JN BLK-スピーカー

起業初心者のためのブログホームページの作り方。パソコン苦手でも失敗しないweb集客販売!二人三脚web構築スクール

タムロン 交換用レンズ 70-210mm F/4Di VC USD キヤノン用(Model A034)

パソコン苦手な経営者・起業初心者でも
『all-in-oneブログ』で、スリック ライトカーボン E63(送料無料)
あなたに最適な
web販売方法がわかる!

~自分史ブログで人生再構築~ケンコー 86SPRO1Dロータスプロテクタ 86mm PRO1Dロータスプロテクタ-【smtb-s】
あなたの経験をビジネスとお金に変える方法






この商品は東京23区内なら当日お届け可能です。
在庫のあるビックカメラ店舗を探す
■さらなる高音質を実現するために新設計した筐体
独特なチューブデザインは、耐久性の高い素材と頑丈な筐体を3次元曲面にデザインすることで剛性をアップ。一回り大きくなったボディには50mmドライバーを2基搭載し、総合20Wで駆動。低音の厚みを増強させるパッシブラジエーターに加え、筐体に高さを設け床面からの反射音を低減したことで、さらにクリアなサウンドを実現しました。

■防水性能がパワーアップして登場、もしもの水没にも対応した防水性能
海辺やプールサイドでも安心して使えるIPX7に対応したJBL CHARGE3は、万が一の水没にも対応。屋外でのレジャーを盛り上げるアイテムとしてはもちろん、キッチンや浴室など日常使いの良きパートナーとして、いつでもどこでも安心してJBLサウンドをお楽しみいただけます。

■6000mAh大容量バッテリー搭載で、最大20時間の連続再生を実現
約4.5時間の充電で、最大20時間のワイヤレス連続再生が可能になりました。長時間再生を実現したことで充電回数を減らし、バッテリー寿命を延ばします。
また、6000mAhの大容量バッテリーを搭載、電力供給専用USBポートを装備しているため、スマートホンやタブレットなどの充電が出来るモバイルバッテリーとして、バーベキューなどの野外イベントで活躍します。

■充実のワイヤレス機能により、さまざまなシーンで活躍
新たにJBL CHARGE3に「JBLコネクト」機能を搭載。「JBLコネクト」機能を搭載した2台を同時にワイヤレス接続ができ、大音量かつパワフルなサウンドをお楽しみいただけます。また、スマートホン・タブレット用アプリ「JBL Connect」(無料)を使えば、同時に接続した 2台のJBL CHARGE3を左チャネル用・右チャネル用に設定、ステレオ再生することができ、大型スピーカーに匹敵する、よりライブ感のある本格的なサウンドを提供します。
さらに、Bluetooth接続でデバイスを3台まで同時にペアリングし、交互に音楽再生することができる機能(ソーシャルモード)を搭載。接続した複数台のデバイスのうち、最後に再生ボタンを押したデバイスの音楽が再生され切り替えも簡単。アウトドアやホームパーティなど、さまざまなシーンで活躍します。

■高音質ハンズフリー通話を実現
独自技術VoiceLogic(ボイスロジック)搭載により、高音質のハンズフリー通話を実現。周囲の騒音を排除する高性能ノイズ・エコーキャンセリング機能と、音声をクリアに抽出するマイクを搭載により、電話会議などでの使用にも最適。スマートホンをBluetooth接続することで、音楽再生中の着信応答は通話ボタンひとつで簡単にハンズフリー通話に切り替わります。
関連商品
カラーバリエーション・同一規格など

機能項目
防水機能防水
仕様■Bluetooth バージョン4.1
■対応プロファイル A2DP V1.3、AVRCP V1.5、HFP V1.6、HSP V1.2
■オーディオ入力 Bluetooth、外部音声入力
■最大出力 10W×2
■ユニット 50mm×2
■周波数特性 65Hz-20kHz
■サイズ(H x W x D) 88.5×213×87(mm)
■重量 800g
■電池 6000mAhリチウムイオン充電池
■<充電:約4.5時間、再生:約20時間>
■付属品 USBアダプター、マイクロUSBケーブル、取扱説明書

最新記事

初めてのブログ起業!40代、50代にも分かりやすく解説【二人三脚web構築スクール】

このまま会社員で終わりたくない。第二の人生、輝くセカンドキャリアを築きたい!子育てもひと段落したし、これからは自分の人生を歩みたい!そんな想いがだんだんと強くなり、人生の折り返しを過ぎ・・・21世紀・人生100年時代と言われる、この時代に、40代50代…を迎え「起業」という選択肢が、あなたの目の前に広がった時、あなたはどんな行動をとりますか?できればリスクなく、ゆっくり着実に準備をしたい・・・。一度きりの人生だから、やっぱりチャレンジしてみたい!そんな風に思いませんか?そこで私がお勧めしたいのが、「ブログ起業」です。

WordPressワードプレスブログをSSL(https://)化していますか?

あなたのブログサイトURLは「https://~」になっていますか?もし「http://~」であれば、「https://~」に変更(SSL化)しましょう!2014年の時点で、Googleから、サイトがhttps化されていることも評価の1つとして含まれると発表されています。

ブログ記事に挿入したい画像や写真のサイズを小さくして追加(アップロード)する方法

WordPress(ワードプレス)などでブログ記事を作成しているときに、「画像」や「写真」をブログ記事に挿入・追加(アップロード)する機会は多いと思います。
でも、いつものように画像をブログ記事に追加(アップロード)しようとしたら、「アレ?エラーになって追加できない…」という時がありませんか?
今更聞けないブログ記事に画像を入れる方法からお伝えしています。

【送料無料】マンフロット ボールカメラレベラー 438

自分のブログ記事や各種SNSのURLを紹介したいけれど、例えば、Instagram(インスタグラム)URLってどこにあるの?どうやって表示するの?などと、迷われたことはありませんか?

自分のブログや、Facebook、LINE公式アカウント、InstagramなどのURLをご紹介しようとした時に、そういえば、URLってどうやって見ればいいの?と、戸惑われる方が多いので、この記事で、紹介をさせていただきます。

強みや才能を楽にみつけてビジネスに取り入れる方法

色々と自分で掘り下げてみたとことで、そもそも「起業」や「ビジネス」をするのが初めてであれば、「自信」もないので、何とか自分の”強み”を見つけようと必死になる方も少なくありません。

多くの方は、自分の”強み”は、いったい何なのか?知りたいでしょうし、自分で見つけるというよりは、「あなたの強みはコレ!」と、第三者に言ってもらいたい…。多くの方に認めてもらいたい…。のではないでしょうか?

パソコン苦手な起業家のためのWordPress(ワードプレス)テーマ更新方法

ブログ構築の一番最初のハードルが、WordPress(ワードプレス)のインストール。でも、ここは1回乗り越えれば、あとは記事の投稿と更新なので、なんとかなる場合もあります。

でも、、しばらくして急に、、途端にわからなくなる…というのが、WordPress(ワードプレス)の「テーマ(テンプレート)」の更新です。

Facebookカバー写真はスマホ表示も意識する

Facebookのアカウントを取得してまず、一番最初に気になるのが、プロフィール写真とカバー写真です。

最初は真っ黒な状態なので、すぐにでも写真を設定したいですよね。

プロフィール写真はわかるけれど、カバー写真がわからない…。という方も多いので、ここでは、Facebookのカバー写真の変更について、お伝えしていきます。

出来れば、自分の顔がわかるほうが理想ですし、カバー写真も、何をやっている人なのか?が一目でわかるほうが、サービスや商品をイメージしやすく、見込み客を集めやすくなります。

著作権フリー画像のダウンロードで規約違反をしていませんか?

「その画像、大丈夫?」インターネットで公開されている画像や動画などは、勝手に使ってはいけない!というのはご存知ですよね?著作権が存在するから、勝手に使ってはダメです!

画像やテキストであれば、例えばパソコンの壁紙にするなど、個人的に自分だけで楽しむ分で利用するのは問題ありません。ですが、色んな人に見せたり、配ったりしてはいけないということはご存じのはずです。

もし、ご存じでなければ、大切な事なので今ここで、しっかりと認識をされてくださいね!

ブログにお問い合わせ用infoメールを設置していますか?

お客様や見込み客からのお問い合わせ窓口になる「メールアドレス」を意識されたことはありますか?

起業初心者の方やパソコンが苦手で…という場合、最初は、無料のgmailをお問い合わせ窓口に設定していても問題はありません。

ですが、会社組織とのやりとりや、お客様から見た印象を考えた場合、無料のgmailをお問い合わせ窓口として使い続ける状態は、あまり好ましくありません。

運用に慣れたら、わりと早めに、info(インフォ)メールを設置されることをお勧めします。

独自ドメインでブログ運営をするメリット

ビジネス利用の場合、ブログを「集客」ツールとしてブログ記事を活用することをお勧めしています。

そういった意味では、WordPress(ワードプレス)での運用がお勧めなのですが、もう1つ重要なことがあります。

それは『独自ドメイン』で運用する事。この記事では、「ドメインの種類」について、『独自ドメイン』でブログ運用をするメリットについて、お話しさせていただきます。